リンクフリーです。
当ブログ管理人および当ブログ内に掲載されている文章等は日本の広義における著作権法およびベルヌ条約、万国著作権条約、国際人権規約、ジュネーブ条約等の国際条約により保護されているとか何とか難しい事を言う気はありませんが、主観に頼る根拠のない批判、中傷、関連性のないコメントやトラックバック等管理人が不快と判断したものは礼を失して削除されることがあります。また、当ブログは管理人の極めて偏った個人的な意見が述べられいるにすぎませんんので、ご自身の安全利害利益等に関わる情報は自らの責任でご判断ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 〜イケメンへの道〜めがね編 | main | 元気が出る曲〓Ozzy Osbourne(オジー・オズボーン)〓 >>
国会劇場
 額賀福志郎財務相は29日、時事通信などのインタビューに応じ、「景気が悪くても社会保障費負担は増える。安定的に財源を確保することが基本だ」と述べ、2009年度の基礎年金国庫負担増に伴って消費税増税は不可避になるとの考えを表明した。増税を見送り、赤字国債増発で対応する可能性については「安定財源ではない」と否定的な見解を示した。
(29日20時のニュースから抜粋)

これには驚いた。7月29日に当選した参議院議員がわずか3日間で7月分の給与全額を受け取っていたというのだ。29日は日曜日だから実働日は2日間だ。もっとも実働と言っても、選挙直後の国会議員にどんな実働があるというのか。横峯良夫などは娘の全英オープンに同行しキャディーをしていた。これが全国に放映されていた。
 月額130万円あまりの給与(歳費)はおろか月額100万円の「文書交通費」と称する使い放題の手当てまでフル支給されていたのだ。いうまでもなく、これらの金はすべて我々の税金だ。8月30日の夕刊紙日刊ゲンダイの大スクープである。

([公式]天木直人のブログから引用)


国立国会劇場で繰り広げられている衆院組と参院組。
劇団安部内閣のおちゃらけ茶番劇が開演されましたが、たった2日の実働日で数百万もの給料が振り込まれる方々にとっては小倉北福祉事務所に生活保護をうち切られおにぎり食べたいと言い残してこの世を去った52才男性の無念さなんかどこか遠い世界のお話なんでしょう。
いくらお茶らけだと言われようが爆笑だと罵られようがじっと我慢してひたすらスキャンダルを隠し続け、自分に火の粉が飛んでこないように気を付けていれば通常の生活では考えられないような大金が毎月入ってくる。
ちょっと雲いきが怪しくなれば横峯や丸山のように国民が注目しそうな人たちに話題を持っていってもらう。
横峯なんか娘の活躍を良いことにかけゴルフですよ。
丸山なんて今テレビで酒飲んでクイズに答えてましたよ。
かけている金があったらゴルフ場の脇に木の一本でも植えてこいよ。
公衆の面前で何の恥じらいもなく酒かっくらう暇と度胸があったら強力な弁護士会のコネと人脈をつかって北九州市の社会的弱者切り捨て体制を徹底的に叩いてみたらいいじゃないか。

額賀福志郎よう、そんなに財源がなかったら中小企業経営者福祉事業団からもらった賄賂1500万円を財源にあてればいいだろう。

増税増税って何とかの一つ覚えのようにみんな尻尾振って吠えているけれど、本当に税金の意味ってわかっているのでしょうか?

シャンパン飲んだり
賭けゴルフしたり
常識を遙かに逸脱した超高級水をがぶ飲みしたり
エステに通ったり
挙げ句の果てには、皆様の税金の羽振りの良さに肥えて使い物にならなくなったカンゾウやジンゾウをどこだかのお国で健康な品物と取り替えたりするために払っているんじゃありませんよ。

国家公共の利益を維持するための義務として、個人が受ける公共サービスに応じて支払う公共サービスの対価があると思うから払っているんですよ。

税金を払うことによって景気が循環しいずれ上方に向かってくれることを望んで託しているんですよ。

今、苦労してでも後で必ず帰ってくると信じて皆払っているんですよ。

景気が悪いのは国民のせいなのですか?
増税の前にまだ出来ることがあるのではないですか?
結果はびびたるのもでもやることが大事じゃないですか?
下々の手当をカットし、地べたの方々を足蹴りにしその上にのさばっているようじゃいかがなものかと思います。
本当に必要なものと不必要なもの。
高台から見ていたんじゃ下界の貧乏人は見えないと思います。

国会議員は一度全てを捨てて生活保護を受けて見ろ!
Posted by : kaeru | ポチ | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 22:32 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://kaeru269.jugem.jp/trackback/6
TOP