リンクフリーです。
当ブログ管理人および当ブログ内に掲載されている文章等は日本の広義における著作権法およびベルヌ条約、万国著作権条約、国際人権規約、ジュネーブ条約等の国際条約により保護されているとか何とか難しい事を言う気はありませんが、主観に頼る根拠のない批判、中傷、関連性のないコメントやトラックバック等管理人が不快と判断したものは礼を失して削除されることがあります。また、当ブログは管理人の極めて偏った個人的な意見が述べられいるにすぎませんんので、ご自身の安全利害利益等に関わる情報は自らの責任でご判断ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 3おく2千万円当たった!!・・・ら。 | main | 急変 >>
男だったら黙って・・・
JUGEMテーマ:日記・一般


こんにちは kaeru です。
8ヶ月ぶりに帰ってきました。
訳あって途中、退場という非常事態もありましたが、なんとか無事出張を終えることが出来ました。

こっちの方が若干湿気が少ないようですね。関西の方がジメッとしていて不快指数がやや関東より高いような気がします。
とは言っても、こちらも十分暑い。勘弁して欲しいくらい暑い。もう朝通勤時からずぶ濡れで日中3回は着替えています。

関西と関東の違いで更に困るのは、テレビの番組が関西の方が1,2週間遅れていることです。

だからワンピースが1,2週抜けています。しかも先々週くらいでしょうか。関西では特別番組で一回ワンピースがお休みし、先週はまだゾロと骸骨サムライの決闘シーンだったので、関東へ来て麦藁ゾンビとサンジが既に対峙していたモノだからたまったものではありません。

まあ それはいいとして、唯一ホッとするのが高校野球ですね。駆け引きなしの真剣勝負。プロが悪いと言っている訳ではないんですよ。それはそれでいいんです。プロはプロとしていいんです。
しかし、プロはプロ故にただ試合に勝って結果を残せばいい訳じゃない。勝つ試合の中ではもちろん負ける試合の中だって見せ場をつくらなければいけない。観客を喜ばせなければならない。何でもないゴロをスライディングキャッチしなければいけないし、ただのフライもグラブを身体につけて逆さに捕球しないと盛り上がらない。中島さんはそういうところを徹底してましたねえ。メジャーリーグはデッドボールを受けたら、メット投げ捨ててマウンドに走っていかないと場内がしらける。で、ピッチャーも当てておきながら逆切れしなければいけない。観客は乱闘を望んでいるんのですから。結果と同時にパフォーマンスも磨く。だからプロなんです。

しかし高校野球は違う。純粋にプレーする事を楽しんでいる。甲子園のグランドを踏んだその感触を忘れまいと必死になってはいつくばっている。はいつくばる喜びを全身で表している。それがこちらに伝わってくるんですよ。そこにはよく見せようとか、カッコつけようとかスカウトに媚び売ろうとか一切ない。
そこに駆け引きが一切ないから気持ちがいい。顔がいい。男の顔だ。少年の顔だ。年相応の素晴らしい顔をしていると思いますよ。

男は何かに打ち込んだことがある人と、ない人とじゃ顔つきが違ってくると思いますよ。
理屈じゃ説明できないのですが、男ってすぐこだわるんですよね。それが女性から見たら理解できない。そりゃ出来ないと思いますよ。女性の方が正論なんですよ。でも理論じゃ男は磨けないんですよ。

だから、不良は理解されないですよね。確かに悪いことは悪い。正論ですよ。しかし、不良にも心・技・体があると思うんですよ。いや不良の方がありますよ。三位一体です。人間の本質ですよ。個人の自由だか何だかでみなバラバラになりつつある時に、はみ出したモノ同士で結束し信頼しあい、俺達はいつも一緒だと青臭い心情を貫き通す心。
仲間のピンチは見て見ぬ振りなんてしない。自分を犠牲にしてまで仲間を守り通す気力と体力と技術が彼等にはあるんです。そして何より義理を重んじ礼を尽くす。彼等から見たら、そこら辺の主婦や親父の方がよっぽどチンピラに見えてきます。

といっても昔の話ですけれどね。今じゃ暴走族って言うのがいないですよね。よくいる2,3台で連んでパッパカ拭かしている。んで、赤いランプが見えたらさっと散っていく。あんなのはただの迷惑行為です。昔は、走るったら一大イベント。そりゃ何キロも連なるんですからね。もちろん信号で止まるわけにいかないから、先陣きって何台か各脇道や交差点に先回りして車止めてお巡りさんの代わりに交通整理するんです。列を止めないようにするんですよ。後方にも1台いて関係者以外行かせないようにするんですよ。そうやってパレードを成功させつつ、一般車が間違えて入ってこないように気を遣って暴走するんです。ちゃんとお巡りさんにも行ってネゴっておくんですよ。何時どこでやるからよ。そうか、俺はその日は何時まで用事があるからその間のことは知らんが、何時以降一分でも過ぎたら一台残らずしょっ引くぞってね。

窓ガラスのないワンボックスにさらわれて2日間監禁されちゃったと笑顔で話していた当時暴走族の高校同級生が教室で話していたから、ちょっとマンガも入っていそうだけれどもまあまんざら嘘じゃないと思うんですが。

そういう不良にしても族にしてもスポーツにしても何かに打ち込んだ人は、社会に出ても例え頭が悪くたってちゃんと世間を渡れると思いますよ。基本的な人付き合いが出来ているんです。細かい神経と太い神経がバランスよく両立しているんです。気を遣いつつ自分を主張出来るんです。ちゃんと自分の立ち位置がわかるんです。これは理屈じゃ説明できないんですよ。

何かに打ち込んでいる人、打ち込んだことがある人は男が磨かれているんです。これは理屈じゃない。これは女性には理解できないと思いますよ。中には出来る人もいますが、大抵は理解不能だと思います。

「おれさ、やりたいことがあるんだよ。これだけ必要だから2年で貯めてくれないか?」

多分普通に拒否されるでしょう。

「何であなたが負担するの?会社の助成制度利用したらいいじゃないの。何でもかんでもあなたが全部抱え込む必要ないでしょ。」

多分こう切り替えされるでしょう。

ごもっともです。正論です。
しかし人間の世の中は理屈じゃ渡れないんです。正論じゃ行き詰まるんです。いずれ。だって人間自体が理論的に成立している訳じゃないんですから。少なくても今の段階では大半の人はそこまで人間自身を理解していないんですから。

だから、高校球児をみると清々しい気持ちになれるあちきがいると思います。


今日、相方が寝ているすきにすごいものを買いました。
社内の料理人が、あちきと一回り以上離れているのでしょうがよく気の利くヤツで、耳にピアスの穴が空いている今時のヤツなんですが、料理人なので旨いモノを作って当たり前、不味かったら罵声が飛ぶ厳しい環境でもめげずにひたすら旨いモノを探求し続けていた若者が今度、腕を磨くためにしばらく京都へ出張する事になったので、感謝とお礼を込めて個人的に送ろうかと思いまして。

彼の十八番殺人的激辛カレーに磨きがかかることを間違いないと思います。

男だったら黙って これ です。




ブログランキング★日記 
Posted by : kaeru | - | 10:10 | comments(0) | trackbacks(1)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 10:10 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://kaeru269.jugem.jp/trackback/45
トラックバック
JUGEMテーマ:日記・一般 またもや先日ちょべっとお話しした後輩君の記念品が届きました。 どれくらい辛いか想像つきません。
| 消しクズは不燃ごみです。 | 2008/08/17 12:07 PM |
TOP