リンクフリーです。
当ブログ管理人および当ブログ内に掲載されている文章等は日本の広義における著作権法およびベルヌ条約、万国著作権条約、国際人権規約、ジュネーブ条約等の国際条約により保護されているとか何とか難しい事を言う気はありませんが、主観に頼る根拠のない批判、中傷、関連性のないコメントやトラックバック等管理人が不快と判断したものは礼を失して削除されることがあります。また、当ブログは管理人の極めて偏った個人的な意見が述べられいるにすぎませんんので、ご自身の安全利害利益等に関わる情報は自らの責任でご判断ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 〓今、何を考えるか 1〓〜たりている〜 | main | 〓今、何を考えるか 2〓〜みせる、みえる、透明性〜低迷する経済 >>
〓今、何を考えるか 1〓〜たりている〜 続
JUGEMテーマ:日記・一般


 前回は、洞爺湖サミットは各国の利権がひしめき合う場であって、環境問題はその呼び水に過ぎないと言うこと、そして地球温暖化も確かに大切なテーマであるがもっと身近で気がつかなければならない問題があります。その問題は?・・・と言うところで終わりました。
 その問題とは??

・オゾンホール
・食糧難
・土壌(海洋)汚染

〜オゾンホール〜
 あちきたちの体は100兆個の細胞で造られています。たった一個の卵子が50回分裂するだけで100兆個もの細胞が造られそれぞれが役割を担っています。その一つ一つがエネルギーで満たされ、パターンが決まり、意思を宿し、精神を司っています。そのパターンを克明に記録し復元するのがDNAです。そのDNAが間違った情報を記録復元しないように宇宙から絶え間なく降り注ぐ有害な波長を遮ってくれているのが地球を取りまく大気の層です。
 その中でも有害な紫外線(波長によってUV-A、UV-B、UV-Cに分類されます)を吸収してくれるのがオゾン層です。しかしこのオゾン層は非常にデリケートで分解しやすい性質を持っています。とくに塩素を含む化学物質に対して非常に弱く、一個の塩素原子で何万個ものオゾン分子を分解します。近代化に伴い急激に産業が発達し、便利になった引き換えに、冷蔵庫やエアコン、プリント基板洗浄などで排出されたフロンなどの塩素を含む気体が大気中に大量に放出されたことによってオゾンの成分が薄くなった場所ができました。この薄い場所をオゾンホールといいます。
 オゾン層は生命を守る地球の叡智の結集で、果てしない過去から受け継がれてきたものです。その叡智の結集を一時の利己的感覚で破壊しようとしたのがあちき達です。
 近年世界規模で実施されたフロンガス等の規制により一応オゾンホールの問題は解消されたように思えますが、喉もと過ぎれば何とやらで忘れていい問題でないことだけは確かです。

〜食糧難〜
 人は食べる。生きるために食べる。ごく当たり前のことです。食べなければ飢えて死にます。この当たり前のことができなくて困っている人たちがいます。すぐ隣にはいないかもしれませんが、遠いどこかの国では飢えで死んでる人たちがいます。
 店に行けばいつでも食べ物があります。ガラガラの陳列棚なんて久しく見ていません。そして賞味期限だか消費期限だかが何とかで一日何万トンもの食糧が廃棄されている下では何万人も飢えて死んでいます。
 何でなんでしょう。

〜土壌(海洋)汚染〜
 昔はその土地、季節に見あった作物を植え収穫し皆で分け合い祝っていました。とり急ぐと土地がやせ次の収穫に響くため土地を休ませるということも知っていました。大地を育み自らも潤う術を知っていました。
 今では大地を休ませるどころか骨になるまで栄養を搾り取り、それでも足らんと有害な化学物質を大量に注ぎ込み、ますます貧相になる土地にさらに多くの収穫を期待してるのです。ほとんどの人は生産性を上げようと大地を侵食していることに気がついていません。しかし確実に大地は侵食され続けてます。汚れた作物を口するのはあちきたちです。大地が侵食されて困るのはあちき達です。
 大地は広大でどこまでも続いているように見えます。が、間違いなく侵食されています。ただ、世界規模だけに大きすぎて見えないだけです。
 今、健康な大地はどれくらい残っているのでしょう。
 
 春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて冷しかりけり

 海も同様です。

 一日四国一個分の森林を伐採しなければ経済は破綻するのでしょうか。水俣病のときよりも何倍も高濃度の汚染物質を垂れ流し回復不能なくらい河川を汚染しなければオリンピックは開けないのでしょうか。オゾン層に穴があくくらいフロンを出さなければ出勤できないのでしょうか。

 環境問題も含めこれらの問題を解決ひとつが「たりている」と言うことだと思います。地球には余りある資源があります。皆に分け与えても十分なくらいに。しかし、石油をはじめ有効な資源の4/5は、世界の1/5の国が占めています。数字を見ただけでもおかしいと思います。
 人は皆より良い人生を歩みたいと思います。当然です。そしてより良い人生が(人より)より多くの物を(権力を)持っているということではないということはほとんどの人が知っていると思います。わかっているんだけれどもやっぱりふたを開けると物欲にまみれている自分がいたりします。大抵は物中心でほかの何より物が好き。そのために汗水たらして働き手に入れる。苦労して手に入れたものは決してはなそうとしない。ひとつ手に入れたらまたひとつ、さらに・・・世の中のものすべてを手に入れたいから、世界中常に町中大騒ぎです。
 あちき達は、ただ生きると言うことだけで不安でいっぱいです。ただ生きるとまでいかなくても、もう少し楽になりたい、もう少し安定した生活ともうちょっと大きな住まいと、もうちょっとおしゃれな服・・・今日よりももっと良い明日を手に入れたくて悪戦苦闘していると思います。そう、私たちの頭の中は不安で一杯なのです。その不安を払拭できる手段が物だと勘違いしているのかなと思います。
 もっとお金を、もっと服を、もっと便利なものを!
 国に、政府に、お偉いさんに依存していてもこの不安は解消されません。なぜか?ほんの一握りの方々は、こういう不安を利用してしか権力を握り続けられないことを知っているからです。医学は病気を治しても根絶しないのと一緒です。西洋医学が癒しを認めないのと一緒です。宗教法人が人間と神は同格で不安は持つ必要がないことを認めないのと一緒です。認めると存続できなくなるからです。
 お偉いさんは、より良い暮らしを約束すると言って、もっと便利な暮らしを約束すると言って選挙に出ます。言葉巧みにあちき達の不安を煽りつつ利権にありついているのです。

 よりよい人生を送りたいと思うことはとても健康的なことだと思います。しかしその「もっとよい」ということをお金や物だと思っているうちはこの悪循環の輪から抜けられないと思います。ましてや物がないから不幸だなんて・・・


 よりよい人生とは、人より多くの物を集めた人生ではなく、より豊かな経験を積めた人生なのではないかと思います。


 もういい加減気がついてもいいのではないのでしょうか。誰のせいでもないことを。一人一人に責任があることを。今の世の中、世界に誰がしたのか。いや俺は関係ない、私のせいじゃない、そんなこと言ったってねぇ・・・こんな誰もが思う当たり前の日常的なほんの小さな気持ちが積もって今の世の中が作り上げられていると言うことを。
 誰のせいでもないということは、皆均等に責任があると言うことを。
 誰かに依存していても何もなりません。自らが責任を引き受けたときから始まるのではないかと思います。
 
 いったいいつになったらこれで充分だ!と思うのでしょうか。

 そろそろ考えてもいい頃でないでしょうか。

 よりよい暮らしとは今の暮らしです。今の姿が一番幸せなのです。東京にいる人が東京に行きたいといっても無理なように、幸せな人が幸せになりたいと思ってもなっているものにはなれっこありません。ただ、その状態に気がつくことができるかどうかなのです。
 幸せという物は存在しません。そういう主観的状態があるだけです。決めるのは周りではなくあちきたち本人なのです。周りがどう思うかではなく、自分がどう思うかなのです。
 その状態をつくるのが「たりている」と言う言葉ではないかと思います。

 そしてたりている中から、ほんの僅かだけ分け与えたらどうなるのでしょうか?10個の内1個、いや半分でもいいでしょう。分けていったらどうなるでしょう。あちき自身も何かやってるわけではありません。ただ、それに気がついたので何ができるのかなとぼんやり考えているところです。「持ってる人」が「持っていない人」に分ける。数が決まっているのですから当たり前のことなんですよね。そうすれば、かたや一日何万人分もの食料が廃棄される一方で一日何万人もが餓死するなんて起こらないでしょう。食い物で燃料なんて作らないでしょう。

 地球温暖化も石油の消費そのものを抑えなければ効果はないでしょう。消費そのものを抑えなければ環境問題は根本的解決とはいえません。
 可燃、不燃、資源、産廃・・・ペットもリサイクルできるからラベルはがしてふたとちゃんと分けて・・・リサイクル、リサイクルといっても実際リサイクルされるペットボトルは僅か1%にも満たないそうです。ペットボトル1本リサイクルするのに石油が3.5倍必要です。これが本当にエコですか?


  iPhone 3G欲しいな・・・




ブログランキング★日記

ブログランキング★まじめな話題

ブログランキング★中年
Posted by : kaeru | 心底 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(2)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 13:13 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://kaeru269.jugem.jp/trackback/40
トラックバック
JUGEMテーマ:日記・一般 今、フジの『さんま・福澤のホンマでっか!?ニューススペシャル』を観ていましたが、武田邦彦の言うこと面白いですね。 ちょっと視野が狭いですがあちきも同感です。
| 消しクズは不燃ごみです。 | 2008/12/28 11:21 PM |
トラックバック
JUGEMテーマ:ニュース地球温暖化は止められない。止めたいという気持ちはわかるが、だからといっても出来ないものは出来ない。世の中には、出来ることと出来ないことがある。だから当然生態系も変わってくる。やって出来ないこともないが、費用と労力の割には大した効
| 消しクズは不燃ごみです。 | 2009/09/13 9:45 AM |
TOP