リンクフリーです。
当ブログ管理人および当ブログ内に掲載されている文章等は日本の広義における著作権法およびベルヌ条約、万国著作権条約、国際人権規約、ジュネーブ条約等の国際条約により保護されているとか何とか難しい事を言う気はありませんが、主観に頼る根拠のない批判、中傷、関連性のないコメントやトラックバック等管理人が不快と判断したものは礼を失して削除されることがあります。また、当ブログは管理人の極めて偏った個人的な意見が述べられいるにすぎませんんので、ご自身の安全利害利益等に関わる情報は自らの責任でご判断ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 『目は口ほどに物を言う』 | main | デジカメ 買いました! >>
B’zがロックの殿堂「ハリウッド・ロック・ウォーク」入り
JUGEMテーマ:音楽

はい みなさんこんにちは いつも元気なぴょんぴょんことkaeruです。
ぴょんと言う言葉に敏感です。

音楽の話ですので興味のない方は読まない方が精神衛生上よろしいかと思います。


ちょっと古くなりますが B'z殿堂入りしましたね〜
あちきも大好きな(過去記事はこちらOzzy Osbourne(オジー・オズボーン)やVan Halen(ヴァン・ヘイレン)などの面々が手を連ねる中の堂々たる殿堂入り。
稲葉さん松本さんすごいですね〜
感動ですよほんと。

あちきがB'zって変に思うかも知れませんが、かなり好きなんですよ。
好きというと曲もかなり知っていてカラオケも十八番はB'zと思われるかも知れませんので、好きじゃなくて応援してると言い換えましょう。

そう あちきはかなりB'zを応援しています。
といいましても、正確に言うとB'zじゃなくて、B'zのサポートメンバーのファンなんです。

実はB'zはかなりすごいサポートメンバーを揃えておりまして、その中のドラムのサポートにShane Gaalaas(シェーン・ガラース)も入っているんです。
シェーンのサポートは2002年から続いているのですが、あちきがシェーンのファンになったのはもっと前のM.S.G(マイケル・シェンカー・グループ)のアルバム
に収録されている INTO THE ARENA Captain Nemo を聞いてからです。
最近たまにTVの挿入なんかに使われているので聞いたことある方がいるかもしれませんね。
(YouTubeはすぐ消されてしまうので消えていたらスミマセン)

当時FMで何気なく流れていたこの曲に鮮烈なインパクトを受け、泣きのギターにエフェクトの効いたベルを効果的に入れてるドラマーは誰だ!と必死に探して行き着いたのがシェーンでした。

ちなみにシェーンと仲良くベースを弾いている人はBarry Sparks(バリー・スパークス)です。
この2人は中が良いようで、M.S.G脱退後もCosmosquadというバンドでシェーンと音楽を共にしているようです。

もちろんバリーもB'zのサポートとしてアメリカツアーなんかに参加してますよ。


なにげに聴いた曲から一人の人に行き着き、その人を追っていったらあちきも知ってるバンドに行き着いた。なんにも関係無いですが勝手に不思議な縁を感じてしまい勝手に応援しているあちきでした。

たまにはメインではなくサポートに光を当てるブログがあってもいいですよね(笑

ちなみにB'zの松本さんも好きです。
ミュージックステーションのCMに行くときの曲を聴いてから好きです(笑

勝手に不思議な縁といえば松本さんこんな曲もコピーしてました。
(この親父、そしてこのバンドやけに上手だなと思ったら当たり前だのクラッカー、松本さんでした。スミマセン)
Tak Matsumoto - Into The Arena

ちなみにシェーンはこんな感じ。
http://www.youtube.com/watch?v=LM0Iect-GBo


とにかく日本人の音楽が世界に通じた数少ない例なので嬉しさで一杯です。
これからも頑張って欲しいです。


いいぞすごいぞ まだまだいける けっぱれ日本人!!



ブログランキング★日記

ブログランキング★洋楽

ブログランキング★洋楽:ロック
Posted by : kaeru | music | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:20 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://kaeru269.jugem.jp/trackback/29
TOP