リンクフリーです。
当ブログ管理人および当ブログ内に掲載されている文章等は日本の広義における著作権法およびベルヌ条約、万国著作権条約、国際人権規約、ジュネーブ条約等の国際条約により保護されているとか何とか難しい事を言う気はありませんが、主観に頼る根拠のない批判、中傷、関連性のないコメントやトラックバック等管理人が不快と判断したものは礼を失して削除されることがあります。また、当ブログは管理人の極めて偏った個人的な意見が述べられいるにすぎませんんので、ご自身の安全利害利益等に関わる情報は自らの責任でご判断ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 疎開:福島第一原発事故 | main | 大船渡で津波の高さ23メートル、東北地方太平洋沖地震 写真5枚 国際ニュース : AFPBB News >>
ナイターもパチンコもいらない
JUGEMテーマ:日記・一般

文科省から事実上、東日本でのナイター開催を禁じる通達を受けた加藤コミッショナー。日本プロ野球組織(NPB)広報を通じ、「通達を受け取った。昨日発表した(政府、監督官庁の指示に従う、などの)前提条件三つに従う基本姿勢は変わらない」とのコメントを発表した。下田邦夫事務局長は「通達には曖昧(あいまい)な部分もあるので詰めたい」とし、「個人的な見解だが、経済活動の阻害とも受け止められる」と語った。〜2011年3月19日10時48分 asahi.comより引用〜
 
被災地は極寒の中暖房も止まり、品物も不足し、近郊の都市はそれを補おうにも燃料や電力の制限で生産もままならないというリスクをおかしてまで、計画停電を実施している中、
ナイターが必要なのかな?パチンコは必要なのかな?
あちきにはこれが理解できないんだ。

阪神淡路大震災の時、あのときは、比較的大阪が元気だった。
イチローもいた。
熱狂的な野球ファンもたくさんいた。
だからプロ野球は被災者たちに元気を与えられることが出来た。

今はあの時と同じか?関西と東北関東と同じ文化か?

阪神淡路大震災の時、一番はじめに復興したのはパチンコ業界。
今回はさすがにTVCMは自粛しているパチンコ業界だけれども、電力が途絶えない限り堂々と営業中の看板を掲げているんだ。
阪神淡路大震災の時は、かろうじて被災を免れたパチンコ店が、それでも体裁が悪いという意識がかろうじてあるのかシャッターを2/3くらいまで下ろして営業している店をいくつも見かけたんだ。

全パチンコ店に営業自粛を求める声がなぜでない?
パチンコ店が営業を自粛したら電車は止まらなくても済むんでないかい。


一人一人今自分は何をしたいのか、何が出来るのかよく考えて欲しいと思うんだ
 <BR><BR><BR><A href="http://blog.mypop.jp/category/151/?userid=13209" target=_blank>ブログランキング★日記</A> <BR><A href="http://blog.mypop.jp/category/141/?userid=13209" target=_blank>ブログランキング★まじめな話題</A> <BR><A href="http://blog.mypop.jp/category/151/151010/?userid=13209" target=_blank>ブログランキング★中年</A>
Posted by : kaeru | 心情 | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:19 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://kaeru269.jugem.jp/trackback/173
TOP