リンクフリーです。
当ブログ管理人および当ブログ内に掲載されている文章等は日本の広義における著作権法およびベルヌ条約、万国著作権条約、国際人権規約、ジュネーブ条約等の国際条約により保護されているとか何とか難しい事を言う気はありませんが、主観に頼る根拠のない批判、中傷、関連性のないコメントやトラックバック等管理人が不快と判断したものは礼を失して削除されることがあります。また、当ブログは管理人の極めて偏った個人的な意見が述べられいるにすぎませんんので、ご自身の安全利害利益等に関わる情報は自らの責任でご判断ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 太地町伝統のイルカ漁、告発映画「The Cove」で国際批判高まる 国際ニュース : AFPBB News | main | な、なんと!?映画で冷や汗・・・ >>
台風18号(メーロー MELOR)
JUGEMテーマ:日記・一般

 台風を警戒しているkaeruですこんばんは。
数十分前に、大雨洪水波浪警報と雷、強風、高潮注意報が出た他、いつもに毛が生えたくらいの風で、雨も止んでしまったようだ。

この18号は、一部の報道によると観測史上3番目の勢力を持ったまま上陸するようなんだけれど、九州は雨、上陸地点の近畿は雨と風の警戒が必要としても、あちきの所にくるころは肩の荷を降ろして、並かそれ以下の勢力で通過していくと思っているんだ。

このまま陸地を縦断してくれれば、あちきは大した警戒をしなくて済むんだけれども、問題なのは太平洋側に張り出している高気圧の勢力が更に弱まり、前線に誘われるがまま太平洋側に進路が逸れた場合なんだ。

確かに通常は、台風の進路に対して左側が安全側なんだけれども、それは海上を航行する船舶がやむを得ず台風の直撃を避けられない場合の処置であって、上陸した台風に対して警戒を緩めていいというわけじゃない。
なぜかっていうと、折角陸上に雨を落として身軽になっても、太平洋上に進路が逸れることによって、また湿気を巻き上げ勢力が復活する怖れがあるんだ。
海上に進路が逸れて再び勢力が盛り上がれば進む速度も遅くなり、その結果じっくりじっくり雨をたくさん落としていくので、風だけじゃなく水害という余計な被害も増えるかも知れない。

あまり信頼性がない気象庁の台風予想だけれども、今回は米軍合同台風警報センター(JTWC)の予想進路図ともほぼ一致しているので、外れて良いことは一つもないし是非予報的中して欲しいと思う。



それにしても、Twiphoon(ツイフーン)にはちょっと期待していたんだけどな。
運用初期はこんなものかな。


ブログランキング★日記
ブログランキング★まじめな話題
ブログランキング★中年
Posted by : kaeru | It's my life | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 22:22 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://kaeru269.jugem.jp/trackback/157
TOP