リンクフリーです。
当ブログ管理人および当ブログ内に掲載されている文章等は日本の広義における著作権法およびベルヌ条約、万国著作権条約、国際人権規約、ジュネーブ条約等の国際条約により保護されているとか何とか難しい事を言う気はありませんが、主観に頼る根拠のない批判、中傷、関連性のないコメントやトラックバック等管理人が不快と判断したものは礼を失して削除されることがあります。また、当ブログは管理人の極めて偏った個人的な意見が述べられいるにすぎませんんので、ご自身の安全利害利益等に関わる情報は自らの責任でご判断ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< ロックは世界を救う〓世界平和は笑顔から | main | 極寒の中で愛を叫ぶ −トマム 氷の教会 >>
クラシックは世界を救う〓世界平和は笑顔から
JUGEMテーマ:音楽

 古典派音楽の代名詞、その美貌(との憶測)と才能から神童とうたわれた ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

誰もが知っている作曲家。その中でも街角で、喫茶店で、カーラジオで、最愛の人と交わす大事な会話の最中でもこの曲が流れれば一瞬でも傾注してしまうほど有名な曲の一つが ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331 第3楽章  『トルコ行進曲』 

ピアノにふれたことがある人だったら一度は弾いてみたいと思う曲。
が、そこまで有名な故にいざ弾こうとなると、allegro で弾くべきかそれとも基本通り allegretto で演奏するかは感性のみせどころ。

そんな受け入れやすい曲、万人の心に響く旋律はどこからくるんだろう。
満たされない愛からくる不安の叫びか?
人生の挫折から這い上がった不屈の精神からか?
ボンビーでも、夢を諦めず音楽を愛し続けたからこそ到達できる放下著の境地か?



行き着く先は・・・


『だって、モーツァルトだもの』

まるで、あいだみつをの狂言のように、真面目に真剣に考え、導きだしてきた人々の思考の基礎を一瞬にして根底からぶち壊すようなモーツァルトのアナライズ(アナリーゼ)に困惑を隠せなかった真面目人間も多いはず。

そんなA型なあなたに贈る、夢と希望に満ちあふれ未来を担う いでよ!偉大なる音楽家のエッグ達 に贈る演奏。


私事ですが、
多分、日本人です。
おそらく、男です。
きっと、素晴らしい演奏家です。
そして、アホです。


憂いが春一番、一発で吹っ飛びます。



いいぞすごいぞ まだまだいける けっぱれ日本人!!
クラシックは世界を救う!
世界平和は笑顔から!



ブログランキング★日記
ブログランキング★洋楽
ブログランキング★中年
Posted by : kaeru | すごい 日本人!! | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 22:22 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://kaeru269.jugem.jp/trackback/103
TOP