リンクフリーです。
当ブログ管理人および当ブログ内に掲載されている文章等は日本の広義における著作権法およびベルヌ条約、万国著作権条約、国際人権規約、ジュネーブ条約等の国際条約により保護されているとか何とか難しい事を言う気はありませんが、主観に頼る根拠のない批判、中傷、関連性のないコメントやトラックバック等管理人が不快と判断したものは礼を失して削除されることがあります。また、当ブログは管理人の極めて偏った個人的な意見が述べられいるにすぎませんんので、ご自身の安全利害利益等に関わる情報は自らの責任でご判断ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
元気になれる感動のCM:九州新幹線全線開通編
JUGEMテーマ:エンターテイメント

カレーフェスタで10種類のカレーと、1種類のカレーうどんと、2種類のカレーパンを食べたkaeruですおばんです。


日にちと大体この時間に電車が通過して撮影をしますというおおざっぱな告示だけでこんなにもたくさんの人が集まったらしい。
しかも、大まかな企業やエキストラ的出演で一般応募の人たちと多少打ち合わせをしたらしいんだけれども、一般の人があそこまで盛り上げてくれたことにJR九州自身も驚いているらしいんだ。

しかし、3/12の開通を目前にして、世界有史に残るともいわれるあの大災害が東日本を襲ったため、ほとんど流れることのなかった幻のCMがこれだわ。
 
続きを読む >>
Posted by : kaeru | すごい 日本人!! | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
リフレイミングな思考 〓 kokia Live
JUGEMテーマ:趣味

葉桜が美味しそうに見えるkaeruですこんちには。

このCGみたいな娘のどこがいいのかしら、と CM を見るたびに言う相方。
どうやら、花粉症の鼻をぐすぐすいわせて佐々木 希と対等に競い合っているようです。
プラス思考は大事ですね。 

 あちきも負けじとプラス思考で、勝手にGWの予定を立てていたのですが・・・


皆様に悲しいお知らせがあります。
続きを読む >>
Posted by : kaeru | すごい 日本人!! | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
みぞーゆうの不況といわれてますが・・・〓「世界一素晴らしい仕事」に1万8000人を超える応募、オーストラリア
JUGEMテーマ:ニュース

世界規模に広がりつつある不況から脱出する糸口として、各国が期待の眼差しで見ている中、堂々たる酔っぱらい会見に望んだあなたはえらい!これで日本のとるべくイニシアチブは何もなくなったと思うkaeruですこんばんは。


誰か止める人はいなかったんかい??どこまでアホウなんだ?この国は。


まぁ不況不況といっても、金はあるところにはあるんですよね。

要は、金をかける価値があるかどうか。
物にかける人もいるでしょう。景色に金を払う人もいるでしょう。人との繋がりに払う人もいるでしょう。
時間に払う人もいる。人それぞれ何になら金をいくら払ってもいいかというPOINTは違うと思う。

335万円の携帯電話に殺到するというニュースをみても、それを見極める目が肥えてきているのか、価値観がかなりずれてきているのかわかりませんが、とにかく金を持っている人が、ああこれだったら財布を緩めてもいいなと思う商品、企画をいかに出すことが出来るかどうかが、これからを生き残る秘訣じゃないでしょうか?


それが出来ない人は、英語能力を最上級まで高めて、最高の笑顔と社交辞令をお人形さんのようになるまで練習してオーストラリアへ行きましょう!
続きを読む >>
Posted by : kaeru | すごい 日本人!! | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
熱を再利用する?〓エコ活動最先端
JUGEMテーマ:ニュース

 三機工業は廃棄物や下水汚泥の焼却設備や工場などで発生する廃熱を回収し、他の施設で空調などの熱源に再利用するシステムを拡販する。
 廃熱を特殊コンテナに蓄えて輸送し、熱交換器で放出する技術で、このほど青森県八戸市の廃棄物処理施設とサントリー子会社の工場に初納入した。
 省エネルギーや二酸化炭素(CO2)削減に役立つ次世代環境技術として、市場を開拓する。
 この廃熱輸送技術は「トランスヒートコンテナ・システム」。〜中略〜
 甘味料として使われるエリスリトールを主原料とする蓄熱材を利用する。
この蓄熱材を含んだ触媒油に廃熱をいったん移し替え、公共施設やビルなどの空調熱源として使う。 〜中略〜
 自社の廃棄物処理施設で出た廃熱を回収し、青森県栽培漁業センター(階上町)まで運んで使う。年間130鼎CO2削減を見込む。
 サントリー天然水(鳥取県江府町)の「奥大山ブナの森工場」には定置式システムを納入した。
工場の廃熱はボイラー補給水の予熱使っているが、使い切れていない廃熱を専用コンテナに蓄えて、事務棟の暖房熱源の足しにする。サントリーは年間約400鼎CO2を減らせる見通し。
 同工場では主に天然ガスを燃料に使っている。
CO2400鼎虜鏝困賄形灰ス利用によるCO2排出に置き直すと、1,000万円分の天然ガスを節約するのと同等の効果という。
 自治体をはじめ、廃熱量が多い製鉄所、石油化学プラント、窯業工場のほか、熱の供給先として病院や大型商業施設などの販路作りを急ぐ。
〜2008.04.28. リサイクルニュースから抜粋〜


 神戸製鋼所と神鋼環境ソリューションは工場やごみ焼却施設から出る廃熱を蓄熱装置に蓄え、トラックで輸送してオフィスや学校、住宅の冷暖房などに再利用するシステムの実用化にメドをつけた。これまで利用されていなかった200度以下の中・低温の廃熱を利用できるのが特徴。企業や地方自治体に売り込む。
 蓄熱材に人工甘味料のエリストールを使い、熱回収率を90―95%に高めた。価格は輸送用トラックや20トンの蓄熱装置3台などシステム一式で1億5000万円程度。
 20トンの蓄熱装置1台には一般家庭40戸分の1日の暖房に必要なエネルギーを蓄えられる。吸収式冷凍機を使えば冷熱転換で冷房もできる。
 試算では中規模ゴミ焼却施設から出る200度の廃熱を、20トンの蓄熱装置に蓄えて4時間ごとに10キロ離れた地点に輸送する場合、延べ床面積7000平方メートル程度の建物の冷房をまかなえる。年330日稼働させれば、輸送費を差し引いても7000万円程度のコストを削減できるという。
〜2008.3.13 産経ニュースから引用〜

 


 最近やたらとランキング参加のメールが来るkaeruですおばんです。
はじめ、JRAを装った競馬で云々今週の勝ち目は・・・おっとあまりいうと会員様からお叱りのお電話が殺到してしまうので・・・みたいな新手の詐欺メールかと思ったのですが、よく見るとランキングのお誘い。
まあ、見た感じ凝ったHPだし、まんざら嘘でもなさそうなので、たいして読みもせずぽちっと押したら・・・
 あ〜あ、ビジネス、テクノロジー部門??
 おみゃーいくらにゃーでもそりゃにゃーだろ・・・

 特にランキングにエントリーするときに思うのですが、一体このブログは何を伝えているのかあちきもよくわからないんですよね・・・
 もちろん音楽も好きですが、邦だの洋だの特にこだわりはなく、いいモノはいい。ただそれだけだし、政治にも不満はあるし、テクノロジーにも興味があります。異性も好きだし、同性も尊敬します。
 そんな一つや二つのカテゴリーに分けられるほど単純で奥の深いブログじゃないんですよねぇ。
強いて言わせてもらえば、美しいモノが好き。これだけですかね、言えるのは。
しかし、そのカテゴリーがわからん!探すのも大変だし、それらを一言でくくった言葉がみつからん!

 ほとんどその時のノリで綴っているブログですが、怒りにまかせ手を振り上げながら今、TV見ていて素晴らしい事をやっていて気になり調べたのが上記の記事。
続きを読む >>
Posted by : kaeru | すごい 日本人!! | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
クラシックは世界を救う〓世界平和は笑顔から
JUGEMテーマ:音楽

 古典派音楽の代名詞、その美貌(との憶測)と才能から神童とうたわれた ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

誰もが知っている作曲家。その中でも街角で、喫茶店で、カーラジオで、最愛の人と交わす大事な会話の最中でもこの曲が流れれば一瞬でも傾注してしまうほど有名な曲の一つが ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331 第3楽章  『トルコ行進曲』 

ピアノにふれたことがある人だったら一度は弾いてみたいと思う曲。
が、そこまで有名な故にいざ弾こうとなると、allegro で弾くべきかそれとも基本通り allegretto で演奏するかは感性のみせどころ。

そんな受け入れやすい曲、万人の心に響く旋律はどこからくるんだろう。
満たされない愛からくる不安の叫びか?
人生の挫折から這い上がった不屈の精神からか?
ボンビーでも、夢を諦めず音楽を愛し続けたからこそ到達できる放下著の境地か?



行き着く先は・・・
続きを読む >>
Posted by : kaeru | すごい 日本人!! | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
世界で一番偉い人って誰?
JUGEMテーマ:日記・一般

プレミアムミルクカップが何かわからないkaeruですこんばんは。


とうとうジュゲムの管理画面が新画面に更新されてしまい戸惑っています。
あまりに動揺が激しいためこんな疑問にブチ当たりいろいろ調べてみたら面白いことがわかりました・・・

その疑問とは、
「世界で一番偉い人って誰?」

言い換えれば・・・


疑問:『世界で最も地位が高い人は誰?』



さて誰でしょうか?


ヒント:アメリカ大統領が敬礼する人は世界で3人います。

皆さんも一緒に考えてみましょう。
続きを読む >>
Posted by : kaeru | すごい 日本人!! | 18:18 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
「第60回さっぽろ雪まつり」いよいよ開幕
JUGEMテーマ:ニュース


続きを読む >>
Posted by : kaeru | すごい 日本人!! | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
Xmasプレゼント〓写真整理
 
JUGEMテーマ:趣味

写真整理で出てきたUPし忘れの続きです。


これは何でしょうか?

ソメス1

続きを読む >>
Posted by : kaeru | すごい 日本人!! | 16:16 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
世界初の「青いバラ」、幕張で注目の的
JUGEMテーマ:ニュース


ついに発表されましたね青いバラ。


天然のバラに青を発色する色素がないのは周知の事実。

花に限らず植物がいろんな色に見えるのは色素のお陰。
その色素の中で代表的なのがフラボノイド、ベタレイン、カロチノイド、クロロフィルの4種類です。この中で青を発色する(青に見える)色素がフラボノイドの一種であるアントシアニンです。そして青を発色する色素アントシアニンの中でも特にデルフィニジンと呼ばれる色素が重要な役割を果たすのですが、バラにはもともとこのデルフィニジンが含まれていません。こうしたことから十数年前までは青色は「実現不可能の色」として語られ続けてきたそうです。
ちなみに青色に近いバラの花びらからも、デルフィニジンは発見されていないそうです。

それ故に最近ではバイオなんちゃらという便利で危険な分野が発達したこともあり、多数の企業がbluerose−青いばら開発に躍起になっていたらしいです。

サントリー飲料が今回開発したバラもその一環だったのでしょう。
サントリー飲料とお酒を扱うサントリーが同一かどうか知りませんが、あちきが以前見たblueroseは京都のサントリー(お酒を扱う方)から頂いたという青いばらを見たことがあります。相方の友達でとても聡明で可愛いのに知的すぎて微生物を研究している院生と会う機会があり、その子の日本でも数少ない遺伝子の配列を見ることが出来る装備が充実しているすごい大学を見学させてもらっているときに見せてもらいました。
各酒造会社の扱う微生物はTopsecret扱いされるくらいお酒と微生物は切っても切れない縁がある関係で、その子の大学に青いばらがあったみたいです。というかその子がサントリーのいろんなモルトを試飲がてら研修にいったついでにもらってきたそうなんですが(笑

続きを読む >>
Posted by : kaeru | すごい 日本人!! | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
news:最深7700mに魚住んでた!日英研究チーム撮影に成功
JUGEMテーマ:ニュース

 深さ7700メートルの海底で泳ぐ魚の撮影に東京大学海洋研究所など日英の研究チームが成功し、10日に映像を公開した。従来の記録より700メートル深い世界最深部で魚の生息を確認したことになる。
 研究チームは、茨城県沖の日本海溝で、船からステンレスの耐圧壁と強化ガラスで覆われたカメラを下ろし、海底生物を調査。9月30日深夜から10月1日未明にかけ、エサのサバに群がるエビを食べている17匹のカサゴの仲間「シンカイクサウオ」を撮影した。深海魚は全長10〜30センチで、色は薄いピンクだった。
 海洋研の松本亜沙子特任研究員は「エサが少ない深海で暮らす魚はあまり動かないと考えられていたが、活発に動いていた」と話している。
〜2008年10月11日00時18分 読売新聞より引用〜


すごいですね〜。
さすが日本海溝、ナイスな生き物たちがウヨウヨしてますね〜。
一部コンニャクウオという報道もあるようですが、シンカイクサウオかもしくは新種という方向で固まりそうですね。

7,703m(770気圧)、水温34.3°F(1.3℃)って想像を絶する世界です。

以前、海洋研究開発機構(JAMSTEC)へ遊びに行ったとき、深海の水圧をかけたカップラーメンの容器を見せてもらったことがあるのですが、もう親指くらいの超ミニサイズになっていて携帯ストラップかと思った記憶があります。
それでもせいぜい1,000mくらい(100気圧)ですがら、770気圧ったらもう鼻くそくらいの大きさになるんでしょうね(笑
そんな中でひっそり暮らす彼等は凄いぞ。何食っているんだろう?

今回リサーチマネージャーを務めた東大海洋研の研究チーム松本亜沙子さん(海洋生態学博士)は「深海魚はあまり動かないと考えられていたが、活発に動いていたのは驚きだ。海溝ごとに生態を調べ、超深海魚の進化解明に役立てたい」とコメントを残しておりますが、こういうところでも日本人は活躍しているんですね。女性として、すごい日本人として目立たない仕事ではありますが頑張って欲しいものです。

いいぞすごいぞ まだまだいける けっぱれ日本人!!


映像はこちらです。
(一匹ドテッとして動かないのが気になりますが、白くとてもやわらかそうな印象です。)

続きを読む >>
Posted by : kaeru | すごい 日本人!! | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
TOP