リンクフリーです。
当ブログ管理人および当ブログ内に掲載されている文章等は日本の広義における著作権法およびベルヌ条約、万国著作権条約、国際人権規約、ジュネーブ条約等の国際条約により保護されているとか何とか難しい事を言う気はありませんが、主観に頼る根拠のない批判、中傷、関連性のないコメントやトラックバック等管理人が不快と判断したものは礼を失して削除されることがあります。また、当ブログは管理人の極めて偏った個人的な意見が述べられいるにすぎませんんので、ご自身の安全利害利益等に関わる情報は自らの責任でご判断ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
元米国防長官のロバート・マクナマラ死去雑感
JUGEMテーマ:ニュース

・世界中で永続的な平和が達成されたらアメリカはかえって大きな問題に直面することになる・・・

 1961年、アメリカの政府高官や法律家、実業家、科学者や大学教授らといった有識者15名からなる「特別調査グループ」なるものを発足、1963年から2年半にわたる調査の結果、まとめられた報告書の一部からの引用です。

 1961年といえばJ・F・K政権、ベトナム戦争でアメリカはベトナムから撤退するか否かで大論争中。戦争を継続するべき政府側と断固撤退といって聴かないJ・F・K側との対立。情勢は圧倒的にJ・F・K側不利、J・F・Kは完全孤立状態でした。
 そんな最中、大統領の意向を全く無視した状態というか、大統領をないがしろにして勝手に発足した委員会がこの「特別調査グループ」。

 そもそもこのグループは何のために発足されたのか。
それは、

 1、戦争の持つ社会的機能はなにか?
 2、社会の安定性の点で戦争がどうしても必要なのではないだろうか?

主にこの2点の疑問ついて調査、回答を得ようとしていました。


そして導き出された答えが、「永続的平和は社会の利益にならない」でした。


このグループは他にも、

 ・医学の急速的進歩は、長寿に繋がるためかえって社会の利益にならない。
 ・貧困は必要かつ望ましい物である。
 ・軍隊は社会保障制度や医療制度などの福祉制度の一部分である

などの報告も引用し、調査結果として採用している。


 このグループの最終目的は、戦争などの仕組まれた災いによって奪われるべき人命の最適な数を割り出し、その最適人数を各年ごとにまとめた長期計画を作り上げることでした。


 この調査の途中経過を知ってか知らずしてか、ベトナム戦争(麻薬)、キューバ問題(カジノのあがり)、イスラエル核問題(中東への介入)、連邦準備制度(高利貸し)への疑問など、権力に大小はありますが、私腹を肥やす為に裏でシナリオを書いている本当の勢力に対して真っ向からぶっつぶそうと衝突をしていたJ・F・Kは1963年11月、一発の凶弾に倒れました。


 
 特別調査グループの一人にロバート マクナマラ国防長官の名前がありました。

続きを読む >>
Posted by : kaeru | 心底 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
日本が強くなる日
JUGEMテーマ:日記・一般
 北朝鮮ミサイル迎撃見送り 日本に落下の恐れなしと判断

北朝鮮が5日、発射したミサイルについて、政府は日本の領土・領海に落下する恐れはないと判断、迎撃を見送った。
 政府は3月27日、打ち上げ失敗による日本の領域への落下に備え、自衛隊法に基づく「弾道ミサイル破壊措置命令」を初めて発令。海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載したイージス艦2隻を日本海に、地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)を秋田、岩手両県と首都圏の計5カ所に配備する迎撃態勢をとっていた。
 〜2009年4月5日11時45分 asahi.comより引用〜


 誤報がなんだとか、どこに落下したとか、性能がどうこうとか下手に騒ぐより、飛翔体が国境を越えて、日本の領海領土上を飛び越えていったことが問題であって、それ以外のことを騒いでもそれは北朝鮮の思うつぼだと思う。
だって、騒ぐほどミサイルの価値が上がり、より高く売りつけられるわけで、格好の外貨取得の手段になるからだ。コチラにその意図がなくても結果的にそうなりうるんだから、やっぱり下手に騒ぐのは良くない。
 何が問題点かは、その人、立場によって変わってくるだろうけれども、的確に問題点を抽出し、それに対して議論を広げることがいいのではないでしょうか。

 特に誤報なんてどうでもいいじゃないですか。
 普段は、税金の無駄遣いだとか、歴史認識がどうだとか、そんな装備何に使うんだとか散々叩いておいて、こう言うときだけ何とかして貰えるなんて都合がいいとしか思えない。
 いつまた何か言われるんじゃないかってびくびくしてるときに、この極度の緊張を与えられたものだから、そりゃもう組織中大騒ぎの中で起きた誤報。
 憲法ですら認められていない組織が、海外で武力行使まがいのことをいいか悪いかわからないままほっぽりだされて、とりあえず命令だから遂行しなければならない、船頭多くして船山のぼる寸前の混乱の中で、舵取りが決まらないまま、迎撃か見送りか高度の政治的判断を現場に丸投げされていた中での誤報。
 誤報で済んで良かったと思いますけれど。
 こんな組織にしてしまったのもみなさんなんですよ。

 だから、必要以上に騒ぐのは悪いことはあってもいいことなんて一つもないと思う。
続きを読む >>
Posted by : kaeru | 心底 | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
誰も守ってくれない 〜 罪と罰
JUGEMテーマ:日記・一般


Libera/リベラ - You Were There/あなたがいるから


男の子だけの歌声と聞き開いた口がまた開きよだれでおぼれそうなkaeruですこんばんは。

今日相方とレイトショーを見に行ってきました。
佐藤浩市主演の『誰も守ってくれない』です。
従業員も「重い内容だ・・・」とこぼしながら次の案内をしていたので結構期待して・・・


※これより先は、受け止め方によって感情を逆撫でする可能性がある内容が含まれると思いますので興味ある方だけご覧下さい。
続きを読む >>
Posted by : kaeru | 心底 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
環境問題=政治問題
JUGEMテーマ:日記・一般


御用を納められないkaeruですおばんです。

今、フジの『さんま・福澤のホンマでっか!?ニューススペシャル』を観ていましたが、武田邦彦の言うこと面白いですね。

ちょっと視野が狭いですがあちきも同感です。

続きを読む >>
Posted by : kaeru | 心底 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
日本を救う道


何も考えずに笑ってください。

兵庫のおじさん 未曾有うの危機! 
続きを読む >>
Posted by : kaeru | 心底 | 14:14 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
ローマ法王、神を無視した現代社会に警告
JUGEMテーマ:ニュース

拝啓 ローマ法王様






続きを読む >>
Posted by : kaeru | 心底 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
〓今、何を考えるか 3〓 〜 ひとつであるということ 〜 みえないもの
JUGEMテーマ:日記・一般

青いお空の底ふかく、
  海の小石のそのように、
  夜がくるまで沈んでる、
  昼のお星は眼にみえぬ。
    見えぬけれどもあるんだよ、
    見えぬものでもあるんだよ。


  散ってすがれたたんぽぽの、
  瓦のすきに、だァまって、
  春のくるまでかくれてる、
  つよいその根は眼にみえぬ。
    見えぬけれどもあるんだよ、
    見えぬものでもあるんだよ。

( 星とたんぽぽ / 金子みすヽ゛)
続きを読む >>
Posted by : kaeru | 心底 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
〓今、何を考えるか 2〓〜みせる、みえる、透明性 続 〜低迷する経済〜
JUGEMテーマ:日記・一般

 前回は、みえるという簡素で単純なキーワードから想像できるメリットを紹介したつもりですが、ではなぜそうなるのかということと、実はこの言葉が今の腐敗した政治、社会、国際、経済、流通システムを立て直す最善策であり唯一の方法でなはないだろうかということをもう少し具体的に考えていきたいと思います。
続きを読む >>
Posted by : kaeru | 心底 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
〓今、何を考えるか 2〓〜みせる、みえる、透明性〜低迷する経済
JUGEMテーマ:日記・一般

 おはようございます。
規則正しい入院生活で早起きがすっかり board についた kaeru です。わずか10日の入院生活でしたが、おそらくこの世にだみ声をとどろかせて以来最高に中身の濃い10日だったと思います。なんせ日常の憂いから一切開放されてすべてがあちき自身の時間なのですから。ストレスなんて一切なし。一日24時間のうち、何もなければ午前中は高気圧酸素療法に当てられ、午後からは点滴。4、5時間かかる点滴が嫌でしたがそれも誰のためでなく、あちきの治療のために打ってますし。残りは就寝の22時まで一切フリー!といいましても、高圧酸素治療中もタンクで加圧されている1時間45分間は、狭いという空間的制約と酸素を吸うのと高気圧下ということで火気厳禁なため喫煙はNO!という当たり前の制約以外は特に何をしなさいということはないので実質フリー。点滴中も液が落ちればとりあえずいいので実質フリー状態。

ほぼ1日フリー!!

だったのです。

 こんな幸せな時間をただ流されるままに過ごすなんてもったいない!ということで、読みました。読みまくりました。日ごろから遠ざかっていた本、マンガ、週刊誌・・・お蔭様でクレヨンしんちゃん、山田太郎ものがたり全巻制覇、週刊月間誌数知れず、書籍10冊以上読破という驚くべき記録が樹立されました。。。

続きを読む >>
Posted by : kaeru | 心底 | 11:11 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
〓今、何を考えるか 1〓〜たりている〜 続
JUGEMテーマ:日記・一般


 前回は、洞爺湖サミットは各国の利権がひしめき合う場であって、環境問題はその呼び水に過ぎないと言うこと、そして地球温暖化も確かに大切なテーマであるがもっと身近で気がつかなければならない問題があります。その問題は?・・・と言うところで終わりました。
 その問題とは??
続きを読む >>
Posted by : kaeru | 心底 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(2)| - |
TOP